運動をせず、体重減少効果のあるオーリスタット

オーリスタットは、米国商品医薬品局(FDA)によって認可されている肥満治療薬の一種です。
食後に飲むと、食事のときに食べた脂肪を分解する酵素リパーゼの働きを抑えることにより、脂肪を腸から吸収することなく便として排出する作用があります。
アメリカの治験では、オーリスタットを服用して1年間の投与で5%体重減少が見られた人が60%、10%体重減少が見られた人が27%(偽薬を飲んだ人は、5%体重減少が31%、10%体重減少が11%)でした。
食欲を抑制することなく、特別な運動もすることはなく、体重減少効果があります。
運動をせずに、体重減少効果が期待できそれが中枢神経に影響を与えない薬であることは画期的なことです。
腸での脂肪の吸収を抑えるわけで、皮下脂肪を減らす効果はありませんので、痩せる薬と考えるよりこれ以上太らない薬と考えたほうが正解です。
効果的な使い方は、脂肪を多く含んだ食事をしたときに、飲むことです。
オーリスタットを服用するときの注意点は、分解されない脂肪が便としてでてきますので、下痢便が出やすいことです。
オーリスタットを服用中は、生理用ナプキンを使用することが、安全です。
毛一つ大切なことは、脂肪が吸収されませんので、脂肪と共に吸収される脂溶性ビタミン(ビタミンA,ビタミンD、ビタミンE、ビタミンK、βカロテン)の吸収が阻害されることです。
オーリスタット使用中は、脂溶性ビタミンのサプリメントを賢く利用をしましょう。
オーリスタットは、運動に頼らず、食事制限もなく利用できる、肥満治療薬ですが、日本で、現在、処方が許可されていません。
現在利用するならば、個人輸入に頼らなければなりません。
個人輸入は、あくまでも自己責任で行わなければならないので注意が必要です。